これからは中国語スキルで生きていく!職場でスグ使える中国語接客を音声を聞きながら学習できるサイト。外国人観光客にスグ使える中国語・英語注意書きが無料でダウンロードできます!

中国語でインバウンド接客!

当サイトについて

大家好!(みなさんこんにちは)
現在、日本の至る所で外国人を見かけるようになりました。
昔は日本人が海外に出かけることが多かったのですが、ここ数年ではその逆で多くの外国人観光客が、日本に訪れ観光や買い物を楽しむようになったのです。

訪日観光客の半数以上が中華圏から

日本政府観光局から2015年の訪日外客数のデータが出ました。
去年、2015年に来日した外国人観光客は全部で1973万人でした。
2014年が1341万人だったので、一年でなんと632万人(47%)も増えたのです。

Web

しかも、その1973万人の中で中華圏(中国・台湾・香港)の観光客がなんと1018万人!その内訳はこのようになっています。

2015年度訪日観光客数

観光客数(構成比) 前年比
中国  約499万人(25.3%) +107.3%
韓国 約400万人(20.3%) +45.3%
台湾 約367万人(18.6%) +29.9%
香港 約152万人(7.7%) +64.6%
米国 約103万人(5.2%) +15.9%

 

中華圏の観光客だけで、全体の半分以上を占めていることがわかります。

中国人観光客の消費額は全体の4割!

2015年度の訪日観光客の消費額は「3兆4771億円」と過去最高。前年(2兆278億円)に比べて1兆4493億円(71.5%)も増えました。その中でも中国人観光客の消費額が全体の40%を占めています。中国に次いで台湾人(15%)香港人(7.6%)の消費額も年々増加しているのです。

Web

2015年度訪日観光客消費額

 消費額(構成比)  前年比
中国  1兆4174億円(40.8%)  +71.5%
台湾  5207億円(15.0%)  +46.9%
韓国  3008億円(8.7%)  +43.9%
香港  2627億円(7.6%)  +91.8%
米国 1814億円(5.2%) +23.0%

中華圏(中国・台湾・香港)観光客の消費額は全体の63%!

中華人(中国・台湾・香港)観光客の消費額は「2兆2008億円」で、全体の「63%」を占めているのです。
購買意欲が他の国よりも高く、リピート率も高い「中華圏のお客様」を接客することで、売上の向上・拡大を狙うことができます。

中華人観光客は今後も増加する傾向を見せていることから、これからのインバウンド対策で一番有効なのは「中国語接客」で間違いないでしょう。

外資系店舗はこうして儲かっている

2015年の流行語大賞に選ばれた「爆買い」は、みなさんもご存知だと思いますが、その「爆買い」の火付け役となったラ◯ックスは、多くの中国人スタッフを雇い、店内の商品には中国語のポップを付けて販売をしています。店の外観は昔ながらの店舗ですが、店内はまるで中国にある量販店そのものです。
ラ◯ックスは、こういう環境を整え、中国人観光客を囲い込み、売上を上げているのです。また中国の免税店や台湾の免税店も、同じように中国・台湾人スタッフを揃え、人民元や台湾ドルでも買物ができるように環境を作り、日本語ができない観光客でも安心して買物ができるようにしているのです。

いくら訪日観光客が増えても、上記のような店舗や免税店だけが儲かり、日本人が経営する店舗が儲からないのは悔しいですよね。

インバウンド対策の有効手段は中国語対策だ!

上記のような外資系の店舗は主に海外旅行の経験が乏しい団体ツアー客が圧倒的に多いのですが、何度も海外に足を運んでいるリピーター観光客やFIT層(個人旅行者)はお決まりの観光コースでは物足りず、情報を収集して新しい観光地を開拓しています。

しかし、このように新たな見どころを求め、訪れた観光地で外国人観光客対策をしていなければ、ビジネスチャンスをみすみす見逃してしまいます。

そういったインバウンド対策を積極にしていない店舗にオススメしたいのは、「できることからやる」ことです。

現在約2000万人の観光客の内、中華圏のお客様は半数以上です。しかも中華圏のお客様の購買意欲は他の国のお客様よりも圧倒的に高いのですから、まずはこちらからおもてなしとして、中国語接客を準備して、お客様の来店を迎えることが大事だと思うのです。

当サイトの活用法

そこで当サイトは各サービス業に特化した中国語接客のノウハウを「会話」「例文」「単語」に分けてまとめました。
全部覚える必要はありません。あなたが担当する業務の中で必要な部分だけを覚えるだけでもスムーズに接客出来ると思います。
もし中国語がまったく話せないのであれば、よく使うフレーズをメモして、お客様に見てもらうだけでもコミュニケーションは取れると思います。

まずはサイト内の必要なフレーズを見つけ、活用してみましょう!

基礎接客入門
ホテル接客
レストラン接客
ファーストフード接客
コスメ店接客
ドラッグストア接客
おみやげ屋接客
アパレル(服)接客会話
靴専門店接客
バッグ・アクセサリー・腕時計専門店接客会話

更新日:

Copyright© 中国語でインバウンド接客! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.