これからは中国語スキルで生きていく!職場でスグ使える中国語接客を音声を聞きながら学習できるサイト。外国人観光客にスグ使える中国語・英語注意書きが無料でダウンロードできます!

中国語でインバウンド接客!


最近、外国人をよく見かけませんか?
以前はホテルや百貨店、ドラッグストアなど、外国人観光客が比較的集まる場所でよく見かけましたが、今では街中いたる所で見かけますし、どこにいても外国語が聞こえてきます。

それは日本に観光で来ている外国人観光客が急激に増えているからなんです。

グラフを見るとここ数年、日本に来る外国人観光客が急激に増えているのがわかりますね。
2017年は、3000万人近くまでいくと予想されているので、4年間で約「3倍」も増えていることになります。

なぜそんなにたくさんの外国人が日本に来るの?

なぜこんなに多くの外国人観光客が日本を訪れているのでしょうか?
それは、日本特有の四季折々の風景や伝統的な文化、「おもてなし」と呼ばれる気配りの利いたサービス、高品質でお値頃な価格の日本製品など挙げればきりがないほど「日本の魅力」はたくさんあります。

日本人である我々にとっては、どれも身近なものばかりなので、それらの価値に特別な感情を持ちづらいですが、海外からやって来た外国人観光者にとっては、どれも自国にないものばかりなので魅力的に感じるのです。

また、日本の景気が良い時代は、日本の物価が高く、外国人観光客にとって日本は旅行に行きづらい国だったのですが、デフレで日本の経済が停滞をしている間に、周辺国や新興国が成長を続け、いつの間にか経済の格差がなくなり、各国の富裕層や中流層など金銭的に潤っている客層が、日本を訪れるようになったのです。

外国人にサービスする仕事がこれからは伸びていく!


日本は現在、少子高齢化が急激に進んでいます。
ニュースや新聞などの報道でご存知の方が多いと思いますが、あまり自分の仕事や生活には影響がないと思っている方がほとんどだと思います。

しかし、実際に統計データを見てみると怖い結果が垣間見えます。
2015年に「1億2711万人」の人口が、2030年には「1億1600万人」まで減少することがわかっています。

日本の総人口 高齢化率(65歳以上) 労働人口(15〜64歳)
2030年 1億1600万人 3619万人(31.2%) 6773万人(58.4%)
2015年 1億2711万人 3392万人(26.7%) 7708万人(60.6%)

人口の減少にともない、高齢者が増えることで労働人口(15〜64歳)も減少しているのです。
日本の労働人口と消費人口の減少がこのまま続けば、国内の産業が縮小していくのは確実です。

日本の国内産業の先行きは明るくないですが、ここ数年勢いがある市場もあるのです。
多くの産業が衰退を始める中、市場規模を拡大しているのが「インバウンド市場(訪日外国人消費市場)」なのです。

つまり、日本に来た外国人客にサービスする仕事が、これから増え続けるのです。

データから分かる、これからは外国語スキルで食べていける時代だ


それでは規模が拡大中の「インバウンド市場」がどのくらいの規模まで成長しているのかを見てみましょう。

インバウンド市場の規模と訪日外国人の数を見てみると、共に増加を続けていて、2017年には訪日外国人数が「3000万人」、訪日観光客消費額が「4兆円」に達するのではないかと言われています。

元々日本政府は、東京オリンピックが開催される2020年までに、訪日観光客を2000万人にするという目標を立てていたのですが、2016年にその2000万人を達成してしまい、現在はその倍にあたる「4000万人」を目標にすることに決めたのです。

日本政府が設定するこれからのインバウンド市場規模

訪日外国人数 訪日観光客消費額
2030年ビジョン 6000万人 15兆円
2020年ビジョン 4000万人 8兆円

国が予測する以上に規模が拡大したこのインバウンド市場ですが、ここ数年の勢いやこれからの世界事情を見据えても、政府が設定した目標は簡単に達成できるのでないかと思います。

これだけインバウンド市場が拡大すると、外国人を対象にしたビジネスが活発になることが予測されます。
現にホテルや旅館、民泊などの宿泊事業が拡大中で、外国人に対応するスキル=外国語スキルを備えている人材が必要とされているのです。

観光地や地方では、宿泊業や観光業を中心に「外国語スキル」を持った人材が求められていますが、都心部などでは飲食業やサービス業、または事務職まで「外国語スキル」を求める傾向が出始めています。

東京のタウンワーク誌では、外国語スキルを備えた人材向けに特集されるようにまでなりました。

外国語スキルと言うと、今までは海外に留学をして語学を学び、外資系や海外の仕事で活躍するケースが多かったのですが、これからは日本で外国語を学び、日本のインバウンド市場でその外国語スキルを発揮するケースが増えてくるでしょう。

インバウンドに対応する外国語はどうやって勉強すれば話せるようになるのか?

これからは外国語スキルがあれば仕事や就職・転職で有利なのは分かったけど、いったいどうやって勉強すればよいの?と思っている方は多いのではないでしょうか

外国語を学ぶとなると、まず思いつくのは
◯語学留学に行く
◯語学スクールに通う(英会話など)
◯テレビ・ラジオの語学会話で勉強する

など上記のような勉強法だと思います。
しかし、これらの勉強法が必ずしも効果がある方法だとは限りません。

私は語学留学経験者ですが、海外に語学留学するとまず金銭的なコストと時間的なコストがかかります。
そしてただ海外の学校で授業を受けただけでは、語学スキルは上達しません。

私は海外の大学にある語学センターで勉強をしていましたが、教科書の内容はとても古典的で古く、実際の会話で使われるようなフレーズがとても少なく実践的ではありませんでした。

また教師たちのレベルもまちまちで、教え方がうまい先生はいるのですが人気が高く、なかなかその授業を受けることができませんでした。仕方なく教え方があまり上手ではない先生の授業を受けることが多かったのです。

日本人の生徒は、海外では日本人同士でグループを作ることが多く、授業以外は日本語を使用することが多い(海外で孤独になるのは不安だと思うのはわかりますが)ので、海外留学中は、一時的に語学スキルは上昇しますが、帰国すると急激にスキルが落ちてしまうケースがほとんどなのです。

また語学スクールに通ったり、テレビやラジオ番組を利用して勉強することでも外国語スキルを上げることができますが、毎回同じ教師の発音を聞いただけでは、その教師の言葉には対応できますが、違う人の発音を聞いた時に対応する能力を磨くことはできません。人はみな話す速さや音の高低が違うのですから。

テレビやラジオではよく女性の先生が発音を教えていますが、それは女性の高音が聞き取りやすいからです。(女性でも低音の方がいますが、男性の低音よりも聞き取りやすいです)
しかし、実際仕事で外国語を使う機会があれば、お客様の性別に関係なく聞き取る能力が必要ですよね。
なので、常に同じ発音しか聞けない勉強法は効率が良いとは言えないのです。

外国語スキルを短期間で体得した留学生の方法とは?


僕が留学中に会った人で、短期的に外国語スキルを伸ばした人がいました。
彼女は、留学して半年ほとで一般会話が普通に話せるレベルまで達していたのです。

なぜ彼女は、そんな短時間でそこまでの語学力を身につけることができたのでしょうか?

まず彼女が他の留学生と違っていたことは、常に現地の学生(または日本以外の国の友達)といたことです。
教室内に、日本人のクラスメイトがいてもその子と話さず、常に他国の友人達と外国語でコミュニケーションを取っていました。

放課後、授業が終わっても日本の友人たちとは一緒に遊ばず、現地の友人や海外の留学生と接することで、勉強している外国語をとことん使える環境を自ら作っていったのです。

もちろん、住んでいる部屋も現地の友人と一緒にルームシェアすることで、生活環境をすべて外国語を使わざるを得ない状況にしていったのは言うまでもありません。

半年後、彼女の外国語スキルは他の日本人の留学生とはかなり差がついていました。
毎日、現地の友人と生活レベルでのコミュニケーションを交わしているので、一般会話はもちろん、その当時流行していた言葉も口に出せるようになったのです。

普通の留学生は、授業中や学校内では、もちろん外国語を使うのですが、一歩学校を離れると日本人の学生達と一緒にいることがほとんどです。そんな留学生でもある程度海外で勉強していると、外国語のシャワーを毎日浴びているので、ヒヤリングだけは上達するのですが、自分から「話す」能力はなかなか身につきません。

そして一年が経ち、交換留学生である彼らは、日本の大学に戻らなければなりませんでした。
その時点で、計画的に環境を変えていった彼女の外国語スキルは、すでに現地の人の誰とでもコミュニケーションが取れるようにまでなったのです。

彼女は、交換留学生として限られた時間内に効率良く勉強するために、学校生活以外にも自分の生活環境まで徹底的に外国語を使えるようにしたのです。

その差は他の留学生の外国語レベルと比べると歴然でした。
普通の留学生は、単語や文法といった座学で学べる部分や、聞くことで養われるヒヤリング能力が高い傾向がありますが、あまり自分で表現する能力が高くありません。
簡単に言うと受動的な「聞く」レベルはそこそこ高いのですが、能動的な「話す」レベルが低いのです。

現地の人と話をしても、いつも「あなたが言いたいことは、なんとなく分かるわ」というような、自分が伝えたい言葉を相手に理解してもらえないレベルのままでした。(相手の言語包容力に助けられる部分が多い)

しかし、計画的に外国語スキルを磨いてきた彼女は、現地人の言葉を聞き、瞬時に自分が伝えたい言葉を相手に話すことができていたのです。

このスキルの差は、決して彼女の能力が高かったからではなく、彼女が計画的に、毎日、いつでも外国語を使える環境に身を置き、まるでスポーツをするかのように外国語を体で覚えた結果なのです。

外国語ですから、単語や文法を覚えることも必要ですが、日本人はその部分(単語・文法)の学習にだけ重点を置きすぎだと思うのです。
外国語は、テニスやゴルフ、水泳のように続ければ少しずつ体得できるスポーツのように学習することが理想なのです。

3つのポイントを揃えれば外国語がマスターできる!


上記で短い期間で外国語スキルを身に着けた留学生の話をしましたが、彼女がスキルを手に入れたポイントは
外国語を使わざるを得ない環境を作る
座学よりも会話で「話す」ことを中心にコスト(時間・お金)をかける
外国語は勉強するのではなく、スポーツのように体で覚える

の3つのポイントだけなんです。

多分あなたは「この子は留学したから外国語をマスターすることができたんでしょ」と思っているかもしれませんが、日本にいても外国語スキルを伸ばす方法があるのです。

日本にいながら「外国語を使える環境」を作り、現地の人と毎日「話す」ことによって「体感的に外国語を学ぶ」ことが可能なのです。

今は、インターネット環境が進歩したおかげで、外国語を話す環境が簡単に作れるようになりました。
また24時間いつでも外国語で会話ができるサービスが増えたことで、自分の生活環境にあった勉強法を取り入れることができるようになったのです。

まずは、外国語が話せる環境作りから始めてみてはいかがでしょうか。
どのオンラインレッスンでも、無料レッスンを受けることができるので、まずは試してみて自分にあった外国語環境を探してみましょう。

今後、インバウンド市場の拡大で、外国語スキルの価値はどんどん上がっていくでしょう。
自分の価値を上げることで、仕事の環境や収入、またはこれからの転職や就職にとても有利になります。

まずは、自分に投資(時間・お金)をして、有力なスキルを身につけましょう。
外国語スキルは、きっとあなたの仕事や生活を変えてくれる機会を与えてくれることでしょう。

おすすめオンライン中国語会話

SpeakMandari(無料体験レッスンあり)

ネット環境があれば、スマホ1台だけで中国語会話ができるオススメサービス。 24時間対応なので、スキマ時間などを効率よく学習時間にできます。 くの講師と会話することで、あなたの中国語スキルが確実にアップすること間違い無し!


効率よく中国語を上達したいなら【SpeakMandari】

おすすめオンライン英会話

DMM英会話(無料体験レッスンあり)

こちらもネット環境があれば、スマホだけで英会話が学べます。 24時間レッスン可能なので、あなたの生活に合わせて効率的な学習ができます。 また日本語対応した講師もいるので初心者でも気軽に始めることができます。 毎日ネイティブの英語を聞いて、「話せる」スキルを身につけましょう!

投稿日:

Copyright© 中国語でインバウンド接客! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.