外国人観光客の目は地方へ向いている。これからのインバウンドは地方部が主役になる!

2015年はインバウンド活況の一年となりました。訪日観光客数は合計で1973万人になり、外国人観光客が日本で消費した金額が合計で3兆4771億円と日本の観光ビジネスが大きく成長した年でもありました。 しかし、ここまで外国人観光客が増加するとは誰も予想しておらず、都市圏の宿泊施設では常に満室状態が続き、泊まれない観光客が続出しました。 その需要をうまく取り入れたのが「民泊」でした。一般の家を観光客に宿泊させ、料金を取るシステムが外国人観光客の需要とマッチしたのです。 スポンサーリンク スポンサーリンク (adsbygoogle...
2017年9月19日0 DownloadsDownload